🌸国際アジア共同体学会・常務理事会議事報告
  • 2017.12.7

11月30日(木)の学会シンポジウム開催(於日本記者クラブ)に先立ち、常務理事会が日本記者クラブ、9Fサロンで開かれました。大要、次の事項が決められましたこと、御報告します。

1、岡倉天心賞について
審査委員会の報告に基づき、矢吹晋作品、坂本雅子作品に贈られることになりました。受賞理由いついては、別記、朱建栄、萩原伸次郎審査委員の報告を参照下さい。>こちら

2、年次計画(案)について
・春期大会:6月2日、または9日(土曜日)、会場:専修大学で開催。
主テーマは「ASEAN発足50周年記念」とする。企画委員は、朽木理事長、鈴木隆、唱新の各理事。
・秋季大会:10月20日(土)、または13日(土)とする。会場:神戸学院大学(ポートアイランドキャンパス)
テーマ:「日中国交40周年記念」。企画委員は、関西在住の佐野、周偉生、宮脇の各会員。

3、グローバルアジア・レヴュー発刊予定
第6号、第7号について。執筆希望者は、事務局宛てに申請し、事務局で適宜取り纏める。11月30日の大会報告等を反映させる。公募はこちらまで

4、学会大会報告担当者について
今年度は牧野委員に依頼執筆頂いたことに謝意を表し、来年度は、村石理事に依頼する方向で調整。

5、一帯一路日本研究センター設立発足について
学会の連携機関、GAIA機構内に事務局を設置し発足することになった経緯が報告され、学会が今後全面的に協力支援体制に入ることが承認された。(詳細は近日中に公開します)

6、賛助協賛金報告
周偉生学会会員の御尽力により2社より寛大な協賛金、30万円を寄付いただき、今回の学会懇親会の赤字補てんと、一帯一路日本研究センター発足準備金と事務局準備費用に充てられることが報告承認された。協賛企業名はHP上、シンポジウム案内で報告公開。詳細は事務局会計報告に従って報告されます。

7、その他
HPの更新等が報告された。

以上

ご質問がありましたら、info@isac.asiaまでお訪ねください。