お知らせ

🆕2018春季大会:6.24(日)専修大学「日中韓サミット後の一帯一路と日本の戦略」

  • 2018.5.18
ISAC180624

国際アジア共同体学会・2018春季大会・日中友好平和条約締結40周年・ASEAN結成51周年記念国際会議
「日中韓サミット後の一帯一路と日本の戦略」
●日 時:2018年6月24日(日)9:30
●会 場:専修大学神田校舎7号館3階731教室
●主 催:国際アジア共同体学会
●共 催:一帯一路日本研究センター、GAIA機構
●後 援:日本華人教授会議、日本ビジネスインテリジェンス協会、日中友好協会、国際貿易投資研究所
●参加費(資料代):会員500円/関係機関会員1,000円/一般2,000円
●懇親会参加費:3,500円(王家私菜神保町本店、会場から徒歩2分)

プログラムpdfは こちら


第一部:自由報告若手部会・歴史文化部会
Ⅰ:自由報告若手研究者部会(9:30~10:20)
●岩木秀樹(創価大学非常勤講師)「イスラームにおける弱者救済とテロの低減化」
●劉鵬(広東海洋大学経済学部講師)「中国農業銀行のブルー‧オーシャン戦略について」
●朝格吉拉図(筑波大学環境学博士、GAIA機構研究員)「モンゴル砂漠緑化に見る中日の技術協力」
Ⅱ:歴史文化部会(10:20~11:00)
●村石恵照(武蔵野大学客員教授)「シルクロードとアジア文化の道」
●井上良一(ソウル宣言の会事務局)「日韓交流から見た韓国社会の変貌」

第二部:岡倉天心受賞記念特別講演:「21世紀グローバル化と日中米関係」
司会:大西広(慶応義塾大学経済学部教授)
●坂本雅子(名古屋学院大学名誉教授)「空洞化と属国化を超えて」
●矢吹晋(横浜市立大学名誉教授)「習近平の中国はどこに行くか」

** ISAC理事会(7号館8階)・総会(7号館3階731教室) **

第三部:「日中韓サミット後のASEANと東アジア」
司会:岩内秀徳(富山大学経済学部教授)
●唱新 (福井県立大学経済学部教授)「ASEANと中印関係―新アジアトライアングルへ」
●椎野幸平(拓殖大学国際関係学部教授)「ASEANとメガFTA」

第四部:「日中韓サミット後の一帯一路構想と東アジア」
司会:周瑋生(立命館大学政策科学部教授)
●渡邉啓貴(東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授)「第三の一帯一路:氷上シルクロードと日本」
●徐一睿(専修大学経済学部准教授)「ユーラシア輸送インフラと日中協力の道」
●朱永浩(福島大学経済経営学類准教授)「一帯一路と北東アジア物流」

第五部:パネル討論「グローバル・シフトと勃興アジアと朝鮮半島」
司会:萩原伸次郎(横浜国立大学名誉教授)
●報告討論:櫻川昌哉(慶応義塾大学経済学部教授)「グローバル化と日米中の政治秩序の変化」
●木村朗(鹿児島大学法文学部教授)「朝鮮半島和解のダイナミズム」
● 井川紀道(東洋学園大学客員教授、元MIGA長官)「一帯一路のガバナンス問題とアジア投資銀(AIIB)を考える」

総括:進藤榮一(筑波大学名誉教授、学会会長)

————————– 以下のフォームにてお申し込みください。————————–








確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか?
(必須)はい