進藤榮一著『アメリカ帝国の終焉―勃興するアジアと多極化世界』出版記念パーティ
  • 2017.3.10

この度、国際アジア共同体学会会長、進藤榮一(筑波大学名誉教授、一般社団法人アジア連合大学院機構理事長)が新著『アメリカ帝国の終焉――勃興するアジアと多極化世界』(講談社新書)を刊行しました。

つきましては、国際アジア共同体学会や友人有志が呼びかけ人となり、下記のとおり本書の出版記念講演パーテイーを企画いたしましたので、皆さまの御臨席をお願いする次第です。会場で著者御本人からこの本を書かれた想いを拝聴し、本邦随一の知識人、ジャーナリスト、経済人の御挨拶を交えながら、参加者一同、共に語り合っていただく機会を設けました。

御多忙の中とは存じますが、御臨席を賜りたく、ここに御案内を申し上げる次第です。

2017年2月 発起人一同

発起人代表:鳩山友紀夫(元内閣総理大臣)西原春夫(早稲田大学元総長)谷口 誠(元国連大使)園部逸夫(元最高裁判所判事)谷野作太郎(元駐中国全権大使)寺島実郎(日本総研会長)山口壮(衆議院議員)孫崎享(外交評論家)浅野純次(東洋経済新報社元社長)今井康之(元岩波書店専務取締役)中川十郎(国際アジア共同体学会理事長)田中浩史(講談社編集長)

発起人:松本侑子(作家)赤尾信敏(日本アセアンセンター前所長)石川馨(元駐カナダ全権大使)大竹美喜(国際科学振興財団会長)小松昭夫(人間自然科学研究所理事長)田岡俊次(軍事ジャーナリスト)高野孟(ジャーナリスト)春名幹男(元名古屋大教授)中井良則(日本プレスセンター前理事長)ジョン・チゥン(カーギルアジアCEO)近藤健彦(浜松学院大元学長)谷口長世(EU国際記者連盟副会長)田代秀敏(シグマ・キャピタル チーフ・エコノミスト)倉重篤郎(毎日新聞特別論説委員)村上太輝夫(朝日新聞論説委員)加藤青延(NHK解説委員)石井勇人(共同通信編集委員)段躍中(日本僑報社会長)榎善教(エノキフィルム代表取締役)ヴァバン・ヴァッタ(TBIグループ会長)朽木昭文(日本大学教授)朱建栄(華人教授会議創設会長)鈴木宣弘(東大教授)藤井省三(東大教授)山本武彦(早稲田大名誉教授)萩原伸次郎(横浜国立大名誉教授)大西広(慶応大教授)原田博夫(専修大教授)河野健一(長崎県立大学名誉教授)松下和夫(京大名誉教授)稲田堅太郎(法円坂法律事務所代表)岡田充(21世紀中国総研)伊藤雅一(名古屋産大前学長)明日香寿川(東北大教授)木村朗(鹿児島大教授)岩内秀徳(富山大教授)郭洋春(立教大教授)白井聡(京都精華大学教員)内田聖子(アジア太平洋資料センター事務局長)平田勝(花伝社社長)原英次郎(ダイヤモンド前編集長)矢代俊二(現代の理論編集長)猿田佐代(新外交イニシアティブ事務局長)藤田高景(村山談話の会)金田一一美(詩想社社長)加藤宣幸(オルタ編集長)大野克美(日新館万座温泉会長)

  • 日時  2017年4月7日(金曜日)18:00~20:30 受付開始17:50
  • 場所  日本記者クラブ 東京都千代田区内幸町2−2−1日本プレスセンタービル9階(日比谷公園前)
    Tel 03-3603-2721 地下鉄 内幸町駅徒歩1分、日比谷駅徒歩2分、霞が関駅徒歩3分
  • 主催  国際アジア共同体学会
  • 後援  一般社団法人アジア連合大学院機構、一般財団法人国際教育交流基金
  • 会費  5千円(立食パーテー代金+著書贈呈)
  • 進行  総合司会:林敏潔(南京師範大学教授)
    第一部:著者講演 進藤榮一『アメリカ帝国の終焉』をどう読むのか」(18:00~18:20)
    第二部:基調挨拶(18:20~19:00)鳩山友紀夫、谷口誠、山口壮、孫崎享、寺島実郎、松本侑子、春名幹男、朱建永、萩原伸次郎
    第三部:懇親パーテイ(19:00〜20:30)乾杯音頭:中川十郎
    挨拶:園部逸夫、谷野作太郎、浅野純次、田岡俊次、石川薫、中井良則、白井聡、内田聖子、田中浩史、他
    終了挨拶:朽木昭文